Short Story


二人で遅めに起きた日曜日の朝


君はいつもの様にオムレツを作ってくれた


俺はそれにマヨネーズをかける


勢い良く出たマヨネーズはぶちゅっと飛び散り俺の鼻についた


君はケラケラ笑い転げた



そんなひとときも君と居れば愛しい時間となる




.

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ