×白雪姫

□第0章
1ページ/7ページ



王妃は針仕事の最中、誤って針を指に刺してしまった。

指から滴り落ちるその血が、白い雪の上に落ちる。

王妃はこれを見て窓枠の黒檀に手を添え思った。



「肌は雪のように白く、唇は血のように赤く、髪は黒檀のように黒い子供が欲しい」



王妃は願った通り、授かった。





“雪のように白い肌”

“血のように赤い唇”

“黒檀のように黒い髪”





ではなく、




“血も通わない青白い肌”

“雪のような白い髪”

“悪魔のように紅い眼”





城に住む者、街に住む者は口を揃えて言った。





「嗚呼、悪魔の白雪姫」





王妃は自分の娘とは思えず、白雪姫を拒絶した。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ