×白雪姫

□第2章
1ページ/2ページ




「ヌメーレ湿原、通称、詐欺師のねぐら。二次試験会場へはここを通って行かねばなりません。
この湿原にしかいない奇怪な動物達。その多くは人間をも欺いて食料にしようとする、狡猾で貪欲な生き物です。十分に注意して来てください。

騙されると死にますよ」





サトツの言葉に白雪は息を飲む。

自分自身が一番気づいているのだ。

騙されやすい人間なんだと。





『君以外にそこまで騙される人間なんて見たことないね』





脳裏にある時の、鏡の言葉が過ぎった。





「(大丈夫だ、騙されるとわかってて騙される訳ないからな!)」

「騙されるな!!!」

「え!?」





その場にいた受験者達は後ろを一斉に振り返る。

物陰から出てきた男は傷だらけだった。





「そいつは……嘘をついている!!!!!」

「……!?」

「そいつは偽物だ!試験官じゃない!俺が本物の試験官だ!」





受験者はざわめき両者を交互に見る。





「これを見ろ!」





男が引っ張り出してきたのは、顔がサトツによく似た「人面猿」という猿だった。





「人面猿は新鮮な人肉を好む。しかし、手足が細長く、非常に力が弱い。そこで、自ら人に化け、言葉巧みに人間を湿原に連れ込み、他の生物と手を組んで食い殺す!」



「サトツさんって……猿なのか!?」

「いや、そこなのか…」





白雪の発言にクラピカが冷静に突っ込む。

その直後。




ドスッ!!!





男の体に目にもとまらぬ速さで、トランプが突き刺さり倒れる。

サトツにも同様にトランプが投げられるが、簡単に手で受け止めた。





「なっ!?」





刺さった男は起き上がる気配がない。



「(まさか、死んでる…のか!?)」



「そっちが本物だね」





44番の男は手元のトランプを混ぜながら言った。





「お、おい。クラピカ…44番の…あいつ何なんだ」

「奇術師ヒソカ、去年もハンター試験に出ていたが気に入らない試験官を殺し、失格になったそうだ」

「…何で…簡単に、殺せるんだ…」

「…………」





「(彼女にハンターになりたい理由を言えばどう答えるのだろう……)」



クラピカは心の中で思った。










その出来事の後、すぐに試験は再開され、ヌメーレ湿原を走る。

白雪はさっきと同じで、ゴンとキルアと共に走る。





「………」

「…?どうかしたのか?キルア?」

「……もっと前に行こう」

「あぁ」

「うん、試験官を見失うといけないもんね」

「そんなことより、ヒソカから離れた方がいい。アイツの側にいるとやばいぜ…、ニオイでわかる」

「「ニオイ?」」

「あの44番、臭うのか?」

「意味が違う」

「……いや、ジョークだ。それくらい分かってたぞ、私は…うん、それくらい…」





キルアは呆れた目を白雪に向けるが、ゴンはなんのことかは分からず、大声で後ろを走ってるクラピカとレオリオに前に来いと言う。

しかし、ゴン達の体力は異常な為、追いつける訳がない。

仕方なく先に行くことにした。










「なぁ、さっきから、あっちこっちから悲鳴が聞こえるんだが…」

「油断するなってことさ」

「レオリオとクラピカは大丈夫かなぁ」

「心配になるな…」





ブニュッ





「ん?」

「どうした?キル…わっ!?」

「「ああああああ!?」」





走っていた地面がなくなり、一気に暗闇になった。

彼らもまた、ヌメーレ湿原の奇怪な動物に襲われたのだった。





「イってー!」

「何だコレ…何かの体内か?」

「食べられたの!?」

「だ、大丈夫だ、多分、刺激したら戻してくれるだ……っておい!キルア何してる!?」

「ん?刺激?」





ウェェエエエエエエエエエ゙ッ





キルアの持っていた缶ジュースのおかげで、別のものと一緒に外に吐き出された。





「ゔ〜…お風呂入りたい…」

「確かにな…それより速く行こうぜ、今ならまだ間に合う」





また、3人は走り出すがゴンは立ち止まり、来た道を引き返した。





「(…?あれ?ゴンがいない…)」





白雪もその異変に気づき、ゴンの後を追った。


 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ