雪の華




「あ……雪」

私の手に触れたとたん、溶けてなくなる雪の結晶。
それはまるで、あの子のようで、私は………


First/Fiction/Mail


ブックマーク|教える
訪問者10540人目




©フォレストページ