花宴 上

□野紺菊
1ページ/8ページ

その翌日の里は大騒ぎだった。
里一番の一族が虐殺されたのだからむりは無いが、
月世はぼんやりとうわの空だった。
そんな中でももちろんサスケの事が心配で、
病院に行くとサスケはすっかり変わっていた。
前の、無邪気な屈託の無いサスケではない。


「月世・・」

「サスケ・・、恐かったでしょう・・」

「俺、強くなる。あいつに復讐する」

「サスケ・・」


月世は悲しくて見ていられなかった。

もう、取り返しのつかないことになっている。

________.....
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ