花宴 上

□花一華
1ページ/8ページ

イタチは里から十分な距離の地点にたどり着くと、
月世をしずかに降ろした。

「大丈夫か」

力なく座り込んだ月世の顔を覗き込む。
その顔はショックからか呆然としていた。

「これを飲め」

イタチは水筒を差し出すと、月世の口にあてがった。

月世は両手でそれを支えると、ゆっくり飲み込んだ。

「落ち着いたか」

ほう、と息をついた月世を見つめる。

月世は力無くイタチを見上げた。

「私…里から追い出された…んだよね…」

イタチは黙って月世を見守った。

「これじゃ、サスケとの約束…
守れないや」

「約束?」

「うん…絶対イタチを見つけて、
真実を聞いてくるって約束したの」

「…そうか」

月世は悔しさに涙をこぼした。
なんでこうなってしまったのだろう。
何がいけなかったのだろう?
いつ間違ってしまったのだろう…

様々な想いが交錯する。

「どうして…どうして」

月世は肩を震わせながら泣いた。

「ごめん、サスケ…ごめん…」

月世は里から追い出された事よりも、
サスケに会えないことの方がこたえた。
サスケは、これから独りで生きて行かなくてはならない。
それを思うと、不憫でならなかった。
自らも親のいない寂しさを知っているので、尚更その気持ちは募る。

イタチはその肩に腕を回した。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ