花宴 上

□紫八染
1ページ/8ページ

イタチはゆっくりと体を離すと、
月世の頬の涙の筋を指で拭った。

「大丈夫か、月世」

月世はおずおずと笑ってみせた。

「うん、大丈夫」

月世は真実を胸に生きていく決意を固める。
両親やうちは一族、そしてイタチが守ってくれたこの命を生き尽くそうと思った。

そして、いつかサスケにイタチの愛が届きますように…




「…じゃあ…行くか」

そう言うと、イタチは森に向かって歩き出す。

「え、どこに…?」

月世は慌ててイタチの後を追った。

「とりあえず、鬼鮫と合流する」

「鬼鮫…?」

「ああ。暁のメンバーで、仲間のやつだ」

「暁?」

そういえば、そのマントと関係があるのだろうか。
そんなことを考えていると、
イタチが暁について説明する。

「はぁ〜、なるほど。
それで、私も入れるかな?」

木ノ葉の忍でなくなった月世としては、
身の振り方を考える必要があった。
その上で、暁は最適のように思われた。
イタチも所属しているし、信頼もできるだろう。


「お前、S級犯罪者になるつもりか?
わざわざ犯罪者になることもないだろう」

イタチは納得いかない様子だ。

「まあそれはそうだけど…
これから生きていくためには、何かに所属しないと。
もう正規のルートで報酬は得られないだろうし、ね?」

「まあお前の言うことは最もだが…」

イタチは思案顔だ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ