花宴 上

□山桜
1ページ/6ページ

「あれ?イタチ任務?」

朝食を食べ終わったあと、外出の準備をし始めたイタチを見る。

「ああ、そうだ」

いつもなら任務がある場合、前日には任務内容を説明し、月世にも準備を促すのだが、その説明はなかった。

月世は首を傾げる。

「イタチ、任務なら私も準備するよ」

食器を片付けると、月世も準備に取りかかった。


そんな彼女を見て、イタチは月世に近寄った。
忙しげに準備をする月世の腕をとる。

「ん?どうしたの」

「今日はオレと鬼鮫だけで行く」

「え、どうして?」

月世は全ての任務に同行してきたので、不思議に思ってイタチを見つめた。

「今日の任務は特に隠密行動が求められる…
できるだけ人数を削ぎたい」

「だからお前は今日は家で待っていてくれ」

「…なるほど。それなら家にいるね」

確かにイタチと鬼鮫程の実力者なら、戦力には事欠かないので
隠密行動の際には人数を減らした方がいい。

イタチは優しい目で月世を見た。

「ああ。ではそろそろ出る」

「あ、ちょっと待って!」

月世は慌ただしく台所に消えていった。

「……?」

イタチはそんな彼女の背中を見送る。

数分後、同じように慌てて月世が現れた。
手にはハンカチでくるまれた何かを持っている。

「…これは?」

「おにぎり。もちろん昆布味だよ!
荷物になっちゃうかもしれないけど…鬼鮫さんと食べて」

イタチは月世の気配りに口元をゆるめた。
月世の手からおにぎりを受け取る。

「ありがとう、月世」

「いいのいいの。道中、気をつけてね」

「ああ」

「あと怪我しないように」

「わかっている。月世も戸締まりには気をつけろ」

「了解です」

「では、行ってくる」

「行ってらっしゃい」

月世は笑顔で小さく手を振った。
月世イタチは柔らかい表情でそれに応えると、
マントを翻して外へ出て行った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ