猫と小雨模様。

「あ、雨が降ってきた!」

少女は傘をだしてその中に入った

『ニャア…』
「ん?猫?」

すると、一匹の猫が少女の足にすり寄って来た。

「ふふ、キミも雨宿りかな?」
『ニャー』

猫が鳴く。
少女が微笑む。

小雨が降り続く、梅雨の出来事。
「あ、雨が降ってきた!」

少女は傘をだしてその中に入った

『ニャア…』
「ん?猫?」

すると、一匹の猫が少女の足にすり寄って来た。

「ふふ、キミも雨宿りかな?」
『ニャー』

猫が鳴く。
少女が微笑む。

小雨が降り続く、梅雨の出来事。


猫の観覧注意事項

猫の生態実験

猫のバスケ

猫の手紙

猫の足跡



「あ、やんだみたい!」
『ニャア!』

さっきまで降っていた小雨は止み、
暖かい光が雲間から射し込む。

「よいしょっと……」
『ニャ!』
「ん?」

少女が傘をしまっていると、猫が鳴き声をあげた。

少女が空を見上げると、そこには一筋の虹が。

「うわぁ!」

7色の虹が空に輝いていた。

「綺麗だね。」
『ニャア』

たまには、こんな日はいいかもしれない。

少女はそう思いながら、猫とともに虹が消えるまで空を眺め続けた。
「あ、やんだみたい!」
『ニャア!』

さっきまで降っていた小雨は止み、
暖かい光が雲間から射し込む。

「よいしょっと……」
『ニャ!』
「ん?」

少女が傘をしまっていると、猫が鳴き声をあげた。

少女が空を見上げると、そこには一筋の虹が。

「うわぁ!」

7色の虹が空に輝いていた。

「綺麗だね。」
『ニャア』

たまには、こんな日はいいかもしれない。

少女はそう思いながら、猫とともに虹が消えるまで空を眺め続けた。


ブックマーク|教える
訪問者3534人目

最終更新日 2013/05/05





©フォレストページ