▼企画

□いつか見た光景を
1ページ/10ページ

人類は、100年の呪縛から解放された。

長年の調査兵団の活躍により、この世界から巨人はほぼ全て駆逐されたのだ。

彼は知っていた。
いつか、この日が来ることを―――。



「エレンが……死刑、だと?」

「……そうだ…」

「どういうことだエルヴィン…なんで、なんでエレンが」

「落ち着けリヴァイ」

「これが落ち着いていられるかッ!!」

「リヴァイ。お前も解っていたんだろう?」

「…それでも、エレンは、人類に貢献したじゃねえか…なんで殺されなきゃなんねんだ…」



人類の勝利後、最も悩まれたのは、エレン・イェーガーの存在についてだった。

人類勝利にエレンは大きく携わり、一時は英雄だ救世主だと騒がれていた。
しかし、巨人が駆逐された今、人類が彼に向ける感情は、不安と恐怖のみ。



「…解るだろう?彼を、エレンを恐れる者が多すぎたんだ。この世間に渦巻く不安を取り除くには、こうするしかない」

「…アイツには、まだ…未来があるだろ?その未来を俺たち大人が奪ってどうする」

「リヴァイ」

「若すぎる。アイツが死ぬには…まだ…ッ」

「リヴァイ!」



堪えられるわけねえだろ…!

リヴァイは部屋を飛び出し、その足は自然とエレンのいる地下室へと向かっていた。


―――



「…エレン、俺だ。入るぞ」

「?どうぞ」



珍しい、兵長が了承を得てから部屋にはいるなんて。

重々しく扉が開き、鉄格子を開けてリヴァイはエレンの方へ歩いてくる。なにやら深刻そうな顔をして。



「どうしたんですか?そういえば今日は団長が来てたんでしたっけ」

「…エレン…」

「…はい?」



リヴァイの顔が歪んだ。
今にも泣き出してしまうのではないかと思うほどに。

そのとき、エレンは全てを察知した。



「…お前の…処遇についてだ…」



ほらね、やっぱりそうだ。



「あと、何日ですか?」

「…3日だ」

「そうですか」



エレンは穏やかに笑っている。
とても死の宣告を言い渡されたあととは思えない。

顔がカッと熱くなって、気づけばエレンの胸倉を掴んでいた。



「どうして笑ってんだ…!なあ、もっと怒れよ!お前…どうして…」

「兵長…」



ああ、溢れてしまった。
ずっと耐えていたのに、コイツの前では泣かないと決めたのに…!

リヴァイはエレンの膝の上に崩れ落ちた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ