桜色の君と

俺たちは小さい頃からずっと一緒にいた。
いっぱい喧嘩をして旅をして成長した。
いつしか俺はあいつに思いをよせていた。
一緒にいるたび、どんどん思いが募っていく。
 これは駄目な思いだから。
そう言い聞かせて鍵をかけた。
         
First
NEW
Main

Re
Mail
Link

たまたま仕事先で花を咲かせた木を見た。
あいつのような大きな存在をしていて。
胸が痛んだ。唇を噛み締める。
その木はあいつと同じ髪の色で

俺を苦しませた。


ブックマーク|教える
訪問者5063人目




©フォレストページ