松を育てる
観覧10000人越え!
皆さんありがとう!


〜一松がカラ松の顔に一松の物と書いた〜


カラ「あれ?一松何かしたか?」

一松「別に…」

カラ「ならいいんだが…」

一松(いつ気付くのか、楽しみだな…フヒヒッ)



††
†プロフィール†
†最初に見ること
BL松小説

†メールボックス†
ひな松のTwitter
BL松RANK
たまにつくる夢松置き場
††


カラ「おい、一松!なんだこの落書きは!!!!!」

一松「だってカラ松は僕のだろ?」

カラ「…////」

一松「どうしたの?顔真っ赤にしてさ(ニャニャ)」

カラ「……な………し……ても…」

一松「あぁ?何言ってるか聞こえないんだけど?」

カラ「…こんな事しなくても…俺は一松の物…だから////」

一松「……////」(神か!天使なのか!逆に●ネ!!!!!!)

カラ「一松?」

一松「よし、ホテル行くぞ」

カラ「え、いきなり!?ちょっ!」



こうして二人は仲良く身を委ねましたとさ

でめたしでめたし



†観覧ありがとう†
†もし中身見てなかったら見ていってね†


ブックマーク|教える
訪問者18258人目





©フォレストページ