拍手お礼

□加州清光による観察日記@
1ページ/1ページ


※卑屈な山姥切国広はいません。
 コピペ改変含みます。

以上の事が嫌な方は、今すぐブラウザバックをお願いします。











side 加州清光


「主ー、俺に何か用事なの?」


「うん。ちょっとお願いがあってね」


「え?なになに?」


「藤と切国の様子をさ、観察して日記にしてくれないかな?」


と、いう事で俺は藤と切国の観察日記をつけ始めた。主命だし、俺も興味あるから仕方ないよね?



――――――――――

○月×日


今日の藤と切国は畑当番だ。
この少人数で当番を回しているので、2人共手際が良い。
気になった会話と言えば・・・

「兄弟」

「え、あぁ。美味しく育つといいですね」

「藤の兄弟がここまで心を込めたんだ、美味しくならないわけないだろう」

「ふふっ、ありがとう」

これくらいかな。
仲睦まじくていいと思う。


――――――――――

○月△日


今日は2人で万屋に行っていたみたい。
途中でお腹空いたみたいで氷菓子買ってたんだけど、

「兄弟、どれにしますか?」

「俺は抹茶のやつでいい。兄弟は?」

「苺とチョコレートで迷ってるんです。もうちょっと待って下さい!」

「・・・すまないが、苺とちょこれーとを一つずつ」

「兄弟!?」

「俺と半分だ。・・・これでいいだろ?」

「うぅ、ありがとうございます」

恋人かよ。
真顔で呟いた俺って悪くないよね?


――――――――――

○月□日


今日は縁側でのんびりしてるみたいだったよ。

「いいお天気ですねぇ。洗濯物も良く乾きそうです」

「・・・そうだな」

「おや兄弟、もしかして眠たいのですか?」

「あぁ、少しな」

「えっと、この前言ってた膝枕しましょうか?」

「いいのか!?」

「はい、勿論です。・・・誉のご褒美という事で」

その後本当に膝枕で寝てた。藤の方も柱に寄り掛かって寝てたし。とりあえず、写真は撮ったから!
俺も藤に膝枕してほしいなぁ・・・。


――――――――――

○月☆日


今日は仕事のときの話なんだけど、

「兄弟」

「あ、これですか?」

「あぁ。ついでにそっちも取ってくれ」

「はい。・・・兄弟」

「これ使うのか?・・・そら」

「ありがとうございます」

何で名前呼んだだけで通じてるの?夫婦なの?もう夫婦なの?はよ結納、と思ったけどよく考えたら兄弟だった。


――――――――――

○月◇日


今回は主も関わってるよ。

「アイツは何をしているんだ?」

「何でも携帯のパスワードを忘れてしまったみたいなんです」

「ぱすわーど?」

「はい。秘密の質問とやらに答えられた良いらしいのですが・・・」

「質問の内容は何だったんだ?」

「『なぜ生きる?』だそうです」

「自分が存在する意味、という事か。・・・随分重いな」

「重いですねぇ」

主、何でそんな質問選んだの!?


――――――――――

○月○日


天気がいい日の事。

「兄弟見て下さい!」

「何だ?」

「蝶々が沢山飛んでいますよ。何処に行くんでしょうね?」

「・・・追いかけてみるか?」

「ちょっと行ってみましょうか!」

って蝶々追いかけてたよ。あの二人って割と子供だよねー。


――――――――――

○月*日


廊下で2人がぶつかってた。藤の髪が切国のボタンに絡まってたよ。

「きょ、兄弟!ごめんなさい、今切りますから」

「いや、別にいい」

「え?」

ブチッ!って音がしたと思ったら切国が自分のボタン引きちぎってた。藤もビックリして固まってるし・・・。

「兄弟の髪は綺麗だからな。切ったらもったいないだろう?」

うちの切国かっこよすぎか!!


――――――――――

○月▽日


藤が万屋に行ったんだけど、途中で雨が降り始めちゃって切国が迎えに行ってた。それはいいんだけどさぁ・・・

「すみません、兄弟」

「兄弟もっとこっちに寄れ。濡れるぞ」

「あ、はい」

何で傘一本しか持ってかないのかな?そんなに相合傘したいの、ねぇ!!?


――――――――――



「やっぱり藤と切国ってデキてるのかなぁ?」


「さぁ?でも触れ合い方も自然だし、デキてはないんじゃない?兄弟だし」


「ううぅ・・・。清光、観察続行ね!」


「うん!任せてよ!!」


こうして、二人の観察日記は続くことになったのだった。


_

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ