小説

銀魂夢小説。


───時は江戸時代。あの攘夷戦争から10年が経った。かつては武士がふんぞり返っていた江戸も、今や天人がその立場に立っている。

そんな江戸の街にある、かぶき町で、本屋(?)を営むこの物語の主人公は、ある事をきっかけに万事屋や真選組、鬼兵隊等と、様々な人と関わっていくお話。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ