桜舞う緋色の中で 俺はお前に恋をした
鬼崎拓磨「おっ、やっと来たか」

坂田銀時「お前の事、待ってたんだぜ?」

火神大我「ほらっ!早く行こうぜ!」

沖田総司「何してるの?遅いと置いて行くよ?」



───お姫様…?(微笑)

日記
更新履歴
緋色の欠片彼語り
黒子のバスケ彼語り
銀魂彼語り
薄桜鬼彼語り
その他彼語り

火神大我「もう帰っちまうのか?」

鬼崎拓磨「まあ、寂しくなったらいつでも来いよ?」

沖田総司「僕はいつでも、君を待ってるよ」

坂田銀時「俺達はいつでも、ここで待ってっからよ。だから…」



───またな、お姫様🎶


ブックマーク|教える
訪問者166人目
最終更新日 2019/12/11




©フォレストページ