夢小説


恋をするのに
男だ、女だなんて関係ない
ただあるのは
君が愛おしいという
想いだけ

今宵も僕は
この月を見上げ
君を想います


愛する貴方を…

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ